訪問診療のご案内

訪問診療とは

住み慣れた自宅で過ごすことを希望される患者さんの御自宅を、医師が定期的に訪問し、診察、薬の処方などを

行います。訪問頻度は病状に応じて週1回~月1回と様々です。レントゲン検査など検査が必要な場合は、病院を

受診することも可能です。

 

往診とは

突然の病気に対して緊急的に自宅に伺って診療を行います。病状によっては総合病院への受診をお勧めすること

もあります。

 

御自宅で受けられる医療サービス

■血液検査、尿検査  ■各種薬剤の点滴、注射  ■高カロリー輸液の管理 

■経管栄養(胃瘻・胃管)の管理  ■気管内吸引   ■浣腸・摘便  ■気管切開後の気管カニューレ管理

■酸素療法の管理(在宅酸素法)  ■褥瘡(床ずれ)の処置、創傷処置

■尿カテーテル管理・処置、導尿  ■人工肛門の管理 

■がん末期などの緩和ケア(痛みの治療)、在宅での看取り

 

訪問診療可能地域 

原則として旧大山町や立山町を想定しています。 (これ以外の地域の方がご希望された場合は院長と

担当医、総師長で協議のうえで可否を判断します)

 

費用

各種健康保険が適用され、入院、通院のときと同じ負担割合です。訪問にかかる交通費の御負担はありません。

 

お申込み方法

病院に入院中の方

病院の地域連携室(もしくは担当ケアマネージャー )に御相談ください。関係するスタッフ間で準備を致します。

必要に応じて退院前に病院でカンファレンスを行います。退院日が決まり次第、訪問日を決定します。退院後に

御自宅へ伺います。

 

御自宅での療養中の方

当院へ直接ご相談いただくか、担当ケアマネージャー、看護師に御相談ください。

※かかりつけの先生(診療所)がいらっしゃる場合には、まずは訪問診療が可能か相談することをお勧めします。

※かかりつけが病院の場合は、当院からの訪問で在宅療養を行いつつ専門病院での診療を受けることも、

すべて当院に一本化することも可能です。